キャラ・設定考察

チェンソーマン考察|マキマさん映画の悪魔説。涙を流し感情はあるのか

チェンソーマン考察|マキマさんは映画の悪魔説

映画が好きなことと、私服が可愛い事が判明したマキマさん。

感情のないタイプかと思ってましたが、
映画に人生を変えられた経験があるのだとか。
めちゃめちゃセンチな性格やん!

多分マキマさんは何かしらの悪魔だと思うんですが、
「映画の悪魔」ってセンもあるかもですね。

映画は多くの人に感動を与えていますが、
同時に「恐怖」も与えているものですし。

映画好きのマキマさん

チェンソーマン考察|マキマさんは映画の悪魔説(集英社/藤本タツキ先生/チェンソーマン引用 私服isカワイイ マキマさん)

チェンソーマン39話で、
元気のないデンジをデートに誘ったマキマさん。

思わせぶりな態度で
デンジを魅了する作戦かと思いきや、
ガチの映画オタクで、デートといっても
朝から晩まで映画を見続ける、修羅のようなデートでした。

見る映画は、アクション、ラブコメっぽいのから
マニアックなサブカルっぽいのまで様々。
あまり前情報を入れずに映画を見るタイプなんですかね。

はずれっぽい映画でも、寝ないで見続けてるのは偉い。

僕も映画やドラマは結構見ますが、一日中映画館はキツイ!

⇒【マキマさん自身が悪魔?

泣いてた…マキマさんに感情はあるのか

いくつもの映画をデンジを見て、
最後の作品は、「難しくてわからない」と評判の映画。

しかしこの映画のどうでもいいようなシーンで
デンジは号泣してしまう。
しかも自分でもなぜ感動したのかわからない様子。

ふとマキマさんの方を見ると、
それまでどの映画でも無表情だったのに、
同じく涙を流していたのでした。

このシーンは、
デンジには感情があるが、一般人とは少し感じ方が違うんだよってことと、
マキマさんも同じく、感情があるんだよって意味ですかね。

基本ゲスなデンジですが、ポチタへの愛を見れば感情があるのはわかりますね。

マキマさんも泣いていましたが、それすらも「嘘」の可能性があり、正直よくわかりません。
しかし一応、マキマさんも心はある、ということで。
映画で人生変えられたというと、根はおセンチな性格なのかもしれません。

マキマさんは映画の悪魔だったりして

映画好きってところから、マキマさん「映画の悪魔」の可能性はないでしょうか?

映画って、あらゆるシチュエーションがあるので、
マキマさんの幅広すぎる能力もカバーできる気がします。
(今の所マキマさんは、自己治癒、近距離攻撃、遠隔攻撃とデタラメな強さを披露。)

映画も「恐怖」に溢れてるから強いっちゃ強い

さらに映画は多くの人を感動させたエンターテインメントですが、
同時に多くの人々を「恐怖」に陥れてるものでもあります。

ホラー映画はもとより、アクション映画やラブコメでも、
クライマックスの直前には必ずスパイスとして「恐怖」が盛り込まれています。

「恐怖」が悪魔の力の源だと考えると、これまで映画が生み出した「恐怖」の総量って相当なものだと思うんです。

つまり、映画が悪魔になったらめちゃくちゃ強いってこと。

マキマさん映画の悪魔説、あると思います!

⇒【扉の向こうのポチタはどうなってる?
⇒【マキマさん自身が悪魔?
⇒【「呪い」と「未来」の最強コンボ!
⇒【コベニちゃんの悪魔は?
⇒【アキはデビルハンターに不向き
⇒【アキの寿命はあと2年
⇒【黒瀬はアキが羨ましい?
⇒【暴力の魔人が最強?
⇒【IQ134の伏さん、即退場
⇒【沢渡アカネは生きてる?