キャラ・設定考察

チェンソーマン考察|チェンソーの悪魔には前任者がいた?3つの理由

チェンソーマン考察|チェンソーの悪魔には前任者がいた?3つの理由

サムライソード、ボムガールの登場で
変身タイプの悪魔はデンジだけではないことがわかってきました。

また、ビームとボムガールらの発言から
チェンソーマンになった人間は、
デンジ以前にもいた可能性が高まってきました。

その理由を解説していきます!

ボムガール(レゼ)「私たちの戦い方」発言

チェンソーマン考察|チェンソーの悪魔には前任者がいた?3つの理由

ボムガールはデンジと初対決した時、
真正面から向かってくるだけのデンジに対し、

私たちの戦い方ってのを教えてあげる

と言っています。

あえて「私たち」と複数形にしていることから、
デンジのような変身タイプの悪魔が、
他にも沢山いることが推測できます。

銃の悪魔の仲間には、
変身型の悪魔が大勢いるのでしょう。

サメの魔人ビームの崇拝

さらにサメの魔人ビームも色々知ってそうです。

まともに会話も不可能と言われたサメの魔人ですが、
デンジだけは「チェンソー様」と呼び崇拝していました。

これは、デンジは変身型の悪魔だからでしょう。
タダの悪魔より、変身型の悪魔の方が格が上なんですね。

さらにビームはボムガール(レゼ)のことも、
以前から知っていたことが判明。

チェンソーマン49話では、

チェンソー様、足超早い..
でも移動する時、足だけじゃない…

と、チェンソーマンの過去の仕草すら知っていました。

ビーム、公安に入る前は
ボムガールたちのパシリだったのかもですね。

マキマさんの特別扱いも今思えば

マキマさんは当初、デンジに対し、
悪魔でも魔人でもない無二の存在であると言っていました、

公安内でもデンジを特別扱いしており、
頻繁に会って話したり、面倒を見ていましたよね。
一緒に映画まで行ってるし。

マキマさんがデンジを可愛がっていたのは、
今思えば、単に珍しい上にデビルハンターとして
ポテンシャルを感じたからではないのかも。

もともとチェンソーの強さを知っており、
懐柔して、仲間にしようと考えていたから
なのかもしれません。

チェンソーマン考察|マキマさんは映画の悪魔説
チェンソーマン考察|マキマさん映画の悪魔説。涙を流し感情はあるのか映画が好きなことと、私服が可愛い事が判明したマキマさん。 感情のないタイプかと思ってましたが、 映画に人生を変えられた経験がある...

チェンソーには以前、別の宿主がいた?

以上のことから、銃の悪魔の軍勢には、
デンジではないチェンソーマンがいた可能性が
高いと言えるでしょう。

何かの理由があってポチタとなり
銃の悪魔の組織から逃げたチェンソー。

追っ手に攻撃され負傷したところを
デンジに助けられたのが、
チェンソーマン第一話なのかもしれません。

秘密が明かされるのに期待ですね。

チェンソーマン考察|デンジの心臓なぜ狙われる?3つの仮説
チェンソーマン考察|デンジの心臓なぜ狙われる?3つの仮説銃の悪魔が登場してから、 デンジの心臓=チェンソーの悪魔(ポチタ)の心臓が、 ずっと狙われ続けています。 台風の悪魔の発言から...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。